マイページログイン
HOME
学会紹介
活動
研究誌
お知らせ
事務局
入会案内
各種変更届け
個人情報保護方針
サイトマップ
次期大会のお知らせ
学会主催研修会のご案内
活動
これまでの地方研修会と特別企画研修会
第14回地方研修会(山口)
日 程:2016年11月13日(日)10:30〜16:30
会 場:YICスタジオ講堂
研修会長:山口県立こころの医療センター 加来洋一
テーマ:ケースの見立てと介入の実践演習−仕組化の試み
講師:衣斐哲臣 先生 (和歌山大学)

第13回地方研修会(愛媛)
日 程:2015年11月1日(日)10:00〜16:30
会 場:愛媛大学 教育学部
研修会長:愛媛大学教育学部 相模健人
テーマ:ブリーフセラピー入門
−もう一度、そして新しくブリーフセラピーを学びたい人のために−
講師:長谷川明弘 先生 (東洋英和女学院大学)
石丸雅貴 先生 (金沢工業大学)

第12回地方研修会(青森)
日 程:2015年3月21日(土曜祝日)10:30〜16:30
会 場:青森県観光物産館アスパム 4階  会議室「十和田」
研修会長:弘前大学  花屋 道子
テーマ:「やわらかCBT のススメ〜技法にもちこむための工夫」
講師:菊池 安希子(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所司法精神医学研究部)

第11回地方研修会(佐賀)
日 程:2014年2月2日(日)10:30〜16:30
会 場:佐賀市立図書館 多目的ホール(2階)
研修会長:佐賀大学医学部附属病院  松島 淳
テーマ:『東先生に学ぶ セラピストの成長』
講師:東 豊(龍谷大学)

第10回地方研修会(高知)
日 程:2013年2月9日(土) 9:20〜17:30
会 場:社会医療法人近森会 管理棟3階 大会議室
研修会長:宮崎 洋一(近森病院第二分院)
内 容:発達障害の理解と就労の進め方
T部『発達障害者とのコミュニケーションがスタンダードになる!』
講師:加来洋一 (山口県立こころ医療センター)
U部『発達障害者に対する就労の進め方について〜STEP AND FOLLOW〜』
講師:志賀利一(独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園)

第9回地方研修会(山陰)
日 程:2012年3月18日(日) 10:30〜16:30
会 場:松江テルサ(JR松江駅徒歩1分)4F大会議室
事務局長:足立 智昭 (山陰ブリーフセラピー研究会)
内 容:RDI(Relationship Development Intervention)の活かし方
講 師:白木孝二 (Nagoya Connect & Share)

第8回地方研修会(金沢)
日 程:2011年2月26日(土)午前10時〜午後4時30分
会 場:金沢工業大学  7号館
事務局長:長谷川明弘・増田梨花(金沢工業大学 カウンセリングセンター)

内 容:「ブリーフサイコセラピー的幻覚・妄想の認知行動療法を学ぶ」
講 師:菊池安希子(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所)

第7回地方研修会(熊本)
日 程:2010年2月6日(土)午前10時30分〜午後4時30分
会 場:熊本県総合福祉センター
事務局長:渡邉雅文・勝屋朗子(熊本大学医学部附属病院神経精神科)

内 容:「ワークショップで学ぶ未来・解決志向ブリーフセラピー」
講 師:黒沢幸子(目白大学、KIDSカウンセリング・システム)

第6回地方研修会(横浜)
日 程:2009年2月14日(土)午前10時30分〜午後4時30分
会 場:神奈川産業振興センター
事務局長:田中 究・安江高子(関内カウンセリングオフィス)

【認識論のお部屋】やさしいベイトソン・セミナー
講 師:野村直樹(名古屋市立大学)

【技法のお部屋】成功するセラピーの秘訣−クライアントと共に治療する
−認知行動療法とNLPから、クライアントとの協同を学ぶ−
講 師:菊池安希子(国立精神・神経センター)
    高橋規子(心理技術研究所)

第5回地方研修会(盛岡)
日 程:2007年12月15日(土)午後1時30分〜6時30分
会 場:盛岡地域交流センター「マリオス」
事務局長:早坂浩志(岩手大学保健管理センター)

A会場:「ブリーフ的「リスニング」の基礎訓練」
講 師:小関哲郎(別府あおやま心理教育研究所)

B会場:「ブリーフセラピー型対応のバリエーション あなたは,面接の最初の10分間に何をしますか?」
講 師:衣斐哲臣(和歌山県子ども・障害者相談センター)
    宮井研治(大阪市立児童院)

第4回地方研修会(沖縄)
日 程:2007年3月3(土)午後1時〜6時
会 場:教育福祉会館 (那覇市)
事務局:長田清(長田クリニック)、安部康之(天久台病院)

A会場:「エリクソンっぽい手口を使った解決志向の料理法」
講 師:中島 央(熊本県精神保健福祉センター)
B会場:「私がここに辿りつくまで〜治療者のナラティブを語り合おう〜」
講 師:市橋香代(総合心療センターひなが)

ザイク博士ワークショップ2006
日 程: 2006年8月28日(月)午前10時〜12時、午後1時〜5時
講 師:ジェフリー・ザイク博士(ミルトン・エリクソン財団理事長)
会 場: 東京大学 山上会館
事務局:坂本真佐哉(神戸松蔭女子学院大学)

第3回地方研修会(長崎)
日 程:2006年3月4日(土)午後1時30分〜5時30分
会 場:長崎ブリックホール
事務局長:和田憲明(三菱重工長崎造船所)
A会場:「明日からすぐに使える有効的学校カウンセリングの秘訣」
講 師:高工弘貴(埼玉県立高等学校)

B会場:「面接上手になるためのコツ」
講 師:菅野泰蔵(東京カウンセリングセンター)


第2回地方研修会(三重)
日 程:2005年2月10日(金)13:30〜16:30
会 場:三重県総合文化センター内、男女共同参画センター(三重県津市)
実行委員長:市橋 香代
 当日の様子はこちら
A会場:「−ほめる工夫、ねぎらうコツ−」
司会進行:森 俊夫(東京大学)
講 師:田中ひな子(原宿カウンセリングセンター)
    濱田恭子(カウンセリングルームCo.koro)

B会場:「第1回苦労自慢大会」
司会進行:衣斐哲臣(和歌山県子ども・障害者相談センター)
     唐津尚子(システムズアプローチ研究所)


第1回地方研修会(大阪)
日 程:2004年1月31日(土)10:00〜17:00
会 場:大阪国際交流センター(大阪市天王寺区上本町)
事務局:坂本真佐哉(神戸松蔭女子学院大学)

A会場:ライブ・セッション
「−あなたが日頃行き詰まりを感じる困難場面を、原口・新保はどう乗り越えるのか。ソリューション・フォーカスト・アプローチとNLPの立場での工夫と、『明日から使える』ためのエクササイズ−
司会進行:高橋規子(心理技術研究所)
講 師:原口葉一郎(解決志向アプローチ研究所、志學館大学)
    新保幸洋(東邦大学、日本NLP/発達心理学協会副会長)
事例提供:三田浩司(さんだクリニック)
コメンテーター:曽我昌祺(関西福祉科学大学、BTIK事務局長)

B会場:事例検討会
司会進行:坂本真佐哉(神戸松蔭女子学院大学)
事例提供:児島達美(長崎純心大学)
     吉川 悟(コミュニケーション・ケアセンター)
コメンテーター:中野善行(なかのクリニック)
        東 豊(神戸松蔭女子学院大学)

▲このページのトップへ戻る