●ブリーフサイコセラピー研究 第12巻 2003
特別講演
解決はあちこちに インスー・キム・バーグ 1-7.

特集論文
ブリーフセラピーの発展とその効用 宮田 敬一 8-16.

研究報告
医療場面における解決志向のソーシャルワーク 大下 由美 17-25.
短期リスナー研修とその効果 村上 千恵子 26-33.

シンポジウム1
ブリーフサイコセラピーの効用と課題〜私的(わたくしてき)ブリーフサイコセラピーの実際 各領域から
産業現場で自殺企図事例の援助を通して再構成されていったチームと私 足立 智昭 35-39.
私的ブリーフセラピーの実際 岡 留美子 40-43.
児童相談所における極私的ブリーフセラピーの試み 柴田 健 44-48.
司法の現場から 三山 雄美子 49-50.
学校現場における独断的ブリーフセラピーの実際 村田 武司 50-55.

シンポジウム2
ブリーフサイコセラピーの貢献と今後の展望
解決志向ブリーフセラピーの立場から 森 俊夫 57-61.
ナラティブ・セラピーの立場から 高橋 規子 62-66.
エリクソンのメガネ 津川 秀夫 67-71.
クライエント中心療法からみたブリーフセラピーの可能性 森岡 正芳 72-76.
支持的精神療法の立場から 村上 伸治 77-82.

書評・論評
宮田敬一編 児童虐待へのフブリーフセラピー 井村 修 83-84.
黒沢幸子著 指導援助に役立つスクールカウンセリング・ワークブック 虫明 修 85.
濱田恭子 拒食と過食のブリーフセラピー 中野 善行 86.