●ブリーフサイコセラピー研究 第17巻 2号 2008
原著
多発性硬化症患者の語り分析から考える心理援助 菊岡藤香 67
 ソリューション・フォーカスト・アプローチにおけるクライエントの満足感について:協同問題解決満足感尺度による検討 鈴木俊太郎
皆川州正
80

研究報告
SFTにおける面接構造の重要性およびフィードバック・メッセージの機能:トラウマを癒したいと来室された女性との7回の面接を通して 相場幸子 91

特別講演
援助職倫理の根本問題 村本詔司 102

シンポジウム 心理療法における時間をめぐって
心理療法における未来の想起:タイムマシン・クエスチョン 黒沢幸子 111
 物語としての時間:D系列の時間が奏でるポリフォニー(多声楽) 野村直樹
藤原みどり
116
 物理的「時間」と人間的「時間」のはざま 橋元淳一郎 123
 指定討論:未来はいま創られている 森 俊夫  128

書評
『ナラティヴ・アプローチの理論から実践まで:希望を掘りあてる考古学』 児島達美 134
『タイムマシン心理療法:未来・解決志向のブリーフセラピー』 中島 央 136
「ブリーフサイコセラピー研究」誌 編集・投稿・審査規定   138