●ブリーフサイコセラピー研究 第19巻 2号 2010
追悼
追悼:宮田敬一先生 中島 央 63

特集 外在化
「問題の外在化」再考 児島達美 67
問題の外在化アプローチ:創造的な会話のための配慮点とは 長沼葉月 77
ナラティヴ・セラピーにおける援助者のポジショニングはブリーフセラピーの
 発展に何をもたらすのか:脱中心化共有の観点からの一考察
坂本真佐哉 90
「あばれ鬼」の外在化を中心とした子どもたちとの協働 安達映子 103

書評
『精神科医のための解決構築アプローチ』 長田 清 114
『システム論から見た援助組織の協働─組織のメタ・アセスメント』 八巻 秀 115
『可能性としての心理療法』 遠山宜哉 116

「ブリーフサイコセラピー研究」編集・投稿・審査規定 117