●ブリーフサイコセラピー研究 第20巻 2号 2011
招待論文
幻聴への対処の工夫:心理臨床の考え方の軌跡 松原秀樹 55

原著
精神病の認知行動療法における外在化技法 菊池安希子 70

シンポジウム 「セラピーと非セラピーの間で」
組織のSF から学ぶこと 長田 清 82
解決志向アプローチの要素を取り入れ「笑顔でがんばれる組織」を作る方法 五島 光 86
組織内のコンプリメントを増やしたら,支え合いの企業風土に 藤 洋吐 91
解決志向アプローチでご機嫌な職場へ一歩善進 小森誠嗣 95
変化の兆しを探すには:児童相談所で見聞きしたこと,やったこと 豊田裕美 99

文献探訪
21 世紀のソリューション・フォースト・セラピーとは 小関哲郎 103

書 評
『セラピスト誕生:面接上手になる方法』 加来洋一 107
『ブリーフセラピーの技法を越えて─情動と治療関係を活用する解決志向アプローチ』 田中ひな子 108
『技を育む』 中島 央 109

追 悼
高橋規子先生を偲んで 八巻 秀 111

年次大会発表演題
第21 回秋田大会発表演題 116

「ブリーフサイコセラピー研究」編集・投稿・審査規定 120